犬を飼っているなら健康管理は飼い主の責任|病気になったら即病院へ

日本らしい犬といえば

犬と猫

素朴な魅力があります

ペットと暮らす方はとても多いですよね。とくに、ペットとして「犬」を選ぶ方は多いです。いろいろな犬種がいて、それぞれに特徴があるわけですが、日本らしい犬と聞いてイメージする犬種といえばやっぱり「柴犬」ではないでしょうか。柴犬といえば、日本らしい和風な顔立ちで、素朴な可愛さが人気です。華やかなイメージのあるトイプードルやチワワなんかとはまた違った愛らしい魅力がありますよね。色も一般的な茶色だけでなく、黒や胡麻色と呼ばれる希少な色もいます。値段は5万円から20万円くらいの間くらいと、幅広いのですが、やはり数が少ない黒や胡麻色は値段も高くなる傾向にあります。また、月齢や年齢によっても値段は変わります。

ブリーダーから購入が安心

柴犬をペットとして飼う場合には、知り合いなどに譲ってもらったりすることもありますが、ほとんどの人はペットショップやブリーダーさんから購入することが多いでしょう。信頼できるブリーダーさんがいる場合は、そちらで譲ってもらうのがオススメです。多少ペットショップより値段が高くなる場合が多いですが、体調の管理がしっかりされていて、病気の心配が少ないようです。長くいっしょに暮らしていく家族ですから、健康には一番気を使いたいですよね。もちろんペットショップでも健康な柴犬は購入できますが、しっかりワクチンの時期や、健康に異常がないか確認してから購入することが大切です。あきらかに値段が安すぎる時などは要注意です。